MAP

>> 周辺地図

★詳しい最新情報はこちらをご参照ください↓
雄蛇ヶ池ガイド


雄蛇ヶ池の岸際は入り組んでおり、千葉県北部に多く見られる谷津(やつ)とよばれる侵食地形がそのまま水没したような形状をしている。大ヤツ・小ヤツというワンドの名称もその意味である。 近年は蓮の勢力が増し、夏場の大ヤツ・小ヤツなどは蓮で覆われてしまう。
池の周りは遊歩道が整備されていて歩いて一周することができる。 階段が数ヶ所あり多少のアップダウンはあるが、無理すれば自転車でもいけないことはない。一周はおよそ4km、時間にして徒歩1時間程。釣り人以外にもウォーキングや散策をしている人を多く見かける。

雄蛇ヶ池

※変更履歴 2006.09.03
 ・「松田ヤツ」と「ヤケヤツ」という谷津名を書き込みました。
 ・「一本松の鼻」と「大広の鼻」という岬名を書き込みました。
 ・流れ込み横の”水門”と書き込んでいた場所を「取水場跡」に変更しました。(ポンプ場、ポンプ小屋などとも呼ばれます)

 (参考文献: 月刊つり人 1985年12月号 投稿記事 鈴木美津雄)

 


雄蛇ヶ池は千葉県東金市にある。東京方面からの場合は、京葉道路から千葉東金道路に入り、東金インターでおりて、国道126号を東金市街の方向に5分も走ると到着する。
雄蛇ヶ池