50up Bass Photo

※すべてオジャガ産です。


[ 50.5cm ] 2008年8月3日(日)

 


[ 50.0cm ] 2008年8月3日(日)

 


[ 54.0cm ] 2008年7月3日(木)

 


[ 50.0cm ] 2008年6月29日(日)

 


[ 50.0cm ] 2008年5月29日(木)

 



[ 51.0cm ] 2008年5月24日(土)

 



[ 53.0cm/2200g ] 2008年3月24日(月)

 



[ 50.0cm ] 2008年3月22日(土)

 



[ 51.5cm ] 2007年10月18日(木)

 



[ 50.0cm ] 2007年9月12日(水)

水深50cm以下のシャローでラバージグにバイトした、傷のないすごく健康そうなバス。



[ 50.0cm ] 2007年7月11日(水)

ワームを遠投してボトムのウィードに引っ掛けながら巻いていると出た。ノーザンラージマウス的(?)な細長い体形のバス。



[ 50.0cm ] 2007年5月10日(木)

ヒレや魚体から疲労感が見えるような、痩せたバス。見るからにアフタースポーンである。草の生えているようなドシャローでトップにバイト。



[ 50.5cm ] 2007年4月26日(木)

暗くなってからスイムベイトの中層狙いでキャッチ。まだ腹が膨らみかけで、これからスポーンするバスのように見えた。




[ 50.0cm ] 2007年4月20日(金)

夕闇せまる水面に水しぶきが飛ぶ。まるで怒り狂ったかのような強烈なバイト。トップウォーターで釣るゴーマルは、何度釣っても格別だ。



[ 50.5cm / 1900g ] 2007年4月16日(月)

ビッグミノーのジャークにでた、すぐにでも産卵しそうに見える雌バス。できるだけダメージを与えないように、手早くその場でリリースした。



[ 53.0cm / 2350g ] 2007年3月18日(日)

冷え込みで低水温の中、ネイルリグでスローにウィードボトムの変化を狙って捕獲。こいつはまさに産卵を控えたビッグママ。肛門が充血し熟した果実のように赤い。



  • 50up Photo 2006






  •