■雄蛇ヶ池(余水吐前)の動物プランクトン
※これは転載記事です。本稿転載は、「ザ・レイクチャンプ」よしさんより許可を頂いています。(転載元ページ:亀山ワカサギ情報


雄蛇ケ池(余水吐前)の動物プランクトン
Microphotographs of the freshwater plankton of Onjyaga-ike.

雄蛇ケ池(余水吐前) 水面の緑黄色は緑藻類、水中の深緑色はオオカナダモの群落

fig.01 ケンミジンコ(メス)
Cyclopoida

fig.02 オナガミジンコ(メス)
Diaphanosoma

fig.03 不詳
un-known

fig.04 ファークス属
Genus Phacus (肉質鞭毛虫)

fig.05 オオヒゲマワリ属
Volvox(原生動物)

fig.06 不詳
un-known

fig.07 ミクロキィスティス
Microcystis Aeruginosa (藍藻)

fig.08 ツヅミモ科
Desmidiaceae(緑藻)

fig.09 ミカヅキモ属
Clostetium(緑藻)
【よしさんコメント】

雄蛇ケ池(千葉県東金市)は、1614(慶長19)年に完成した、大規模な灌漑用溜池です。

fig.01〜fig.04までが動物プランクトン、fig.05は原生動物、fig.06は不詳、fig.07〜fig.09は植物プランクトンです。
雄蛇ケ池・余水吐前における今回の調査中、動物プランクトンで最多(優占種)は、肉食性のケンミジンコでした。
繁茂する水藻に邪魔され、プランクトンネットが希望通り沈下しなかったことも、観察できた動物プランクトンが少ない原因かと思われます。

雄蛇ケ池における、プランクトンの採取・観察・発表報告は、継続的になされると理想的です。
どなたかチャレンジしませんか。

水の華(アオコ現象)を引き起こしている植物プランクトン、藍藻のミクロキィスティスについては別項「アオコとは(雄蛇ケ池における2006年の事例)」をご覧下さい。
2006年08月31日14:30 天候○ 雄蛇ケ池(千葉県東金市)余水吐前にて採取
水位:0.5m減水 水の透明度:やや不良 ミクロキィスティスによる軽度のアオコ現象あり
発表:2006年09月03日