■雄蛇ヶ池(余水吐前)の動物プランクトン  2007.8
※これは転載記事です。本稿転載は、「ザ・レイクチャンプ」よしさんより許可を頂いています。(転載元ページ:亀山ワカサギ情報


雄蛇ケ池(余水吐前)の動物プランクトン
Microphotographs of the freshwater plankton of Onjyaga-ike.

雄蛇ケ池(余水吐前)
枯れて千切れたハスの葉の周囲に、藍藻オシラトリアが吹き寄せられている

fig.01 ゾウミジンコ(メス)
Bosmina longirostris

fig.02 ケンミジンコ属(メス)
Cyclopoida

fig.03 オナガミジンコ
Diaphanosoma

fig.04 カイミジンコ属
Ostracoda

fig.05 フクロワムシ
Asplanchna priodonta

fig.06 カメノコウワムシ
Keratella cochlearis

fig.07 ネズミワムシ属
Trichocerca

fig.08 トゲナガワムシ
Kellicottia longispina

fig.09 ツノオビムシ属
Ceratium(肉質鞭毛虫門)

fig.10 ボルボックス属 Genus Volvox Linne(原生動物・部分)
【よしさんコメント】

雄蛇ケ池(千葉県東金市)は、1614(慶長19)年に完成した、大規模な灌漑用溜池です。

雄蛇ケ池・余水吐前における今回の調査中、比較的多く観察されたプランクトンは、ケンミジンコ属(fig.02)・カイミジンコ属(fig.04)・ボルボックス属(fig.10)でした。
顕微鏡写真の掲載はありませんが、ヒゲナガケンミジンコも複数見られました。

【2006〜2007年に雄蛇ケ池で観察されたプランクトンリスト】
★植物プランクトン (8属・種)
ミクロキスティス(藍藻)
アナベナ(藍藻)
オシラトリア(藍藻)
アオミドロ(緑藻)
アオミドロ(緑藻)
クンショウモ(緑藻)
ツヅミモ(緑藻)
ミカヅキモ(緑藻)

★動物プランクトン (13属・種)
ゾウミジンコ
ケンミジンコ属
ヒゲナガケンミジンコ
オナガミジンコ
カイミジンコ
フクロワムシ
カメノコウワムシ
ハネウデワムシ
ネズミワムシ属
トゲナガワムシ
ツノオビムシ属
ファークス
ボルボックス属

水の華(アオコ現象)については別項「アオコとは(雄蛇ケ池における2007年の事例)」をご覧下さい。
採取:2007年08月12日(日)08:00 天候○ 雄蛇ケ池(千葉県東金市)余水吐前
水位:1.0m減水 水の透明度:やや不良 アナベナによる軽度のアオコ現象あり
発表:2007年08月15日(水) よしさん