■雄蛇ヶ池(余水吐前)のアオコ調査 2007.8
※これは転載記事です。本稿転載は、「ザ・レイクチャンプ」よしさんより許可を頂いています。(転載元ページ:亀山ワカサギ情報


アオコとは(雄蛇ケ池における2007年の事例)
What is AOKO? (an example of 2007 in Onjyaga-ike.)

fig.01 ミクロキスティス Microcystis Aeruginosa

fig.02 アナベナ Anabaena macrospora

fig.03 オシラトリア Oscillatoria kawamurae

fig.04 雄蛇ケ池堰堤付近
水面に吹き寄せられているのは、アナベナ(fig.02)とオシラトリア(fig.03)です


【観察結果と、よしさん考察】

雄蛇ケ池(千葉県東金市)は、1614(慶長19)年に完成した、大規模な灌漑用溜池です。

雄蛇ケ池の堰堤付近の一部水域において、かなり軽度の水の華(アオコ現象 fig.04)を引き起こしている、植物プランクトンを調査したところ、2007年08月は藍藻のアナベナ(fig.02)でした。
程度は、レベル4(水表面を膜状にうっすらとアオコが覆う)の段階で、面積は20m×10m程と、比較的に軽度です。
今後は秋季に向かい、水温が低下する方向にあることを思えば(大方のご想像通り)アナベナ(fig.02)に起因する大規模(重篤)なアオコ現象の発生する可能性は低いものと考えられます。

2006年08月の調査では、水の華(アオコ現象)の主たる原因は、藍藻のミクロキスティス(fig.01)で、藍藻のアナベナ(fig.02)とオシラトリア(fig.03)は未発見でした。
オシラトリア(fig.03)は、直径56〜78μmの円盤状細胞が一列に並ぶ糸状体(全長5〜10mm)で、細胞内の偽空胞(ガス胞)により、水面に浮遊しますから、肉眼でも存在と外形は観察できます。
また、オシラトリア(fig.03)は、有毒物質やカビ臭物質を産生し、水温10℃と低水温でも繁殖する等、藍藻間の競合に強いことが報告されています。
『有害藻類発生湖沼の有機物,栄養塩類,生物群集の動態解析と修復効果の評価に関する研究』国立環境研究所年報(平成13年度)



雄蛇ケ池のプランクトン(藍藻)の優占種は、ミクロキスティス(fig.01)からアナベナ(fig.02)へと、変遷過程にある可能性が2年間の観察から示唆されます。
さらに、前年と相違し2007年は、原因となり得る藍藻が3拍子揃って(ミクロキスティス・アナベナ・オシラトリア)おり、潜在的危機は継続しています。
3種の藍藻が揃って、水の華(アオコ現象)を引き起こした琵琶湖の事例が知られています。

『琵琶湖でのアオコの発生について(第4号) (pdf) 』県政eしんぶん・2006年08月25日・滋賀県


水の華(アオコ現象)を引き起こす、3大プランクトンの、ミクロキスティス(fig.01)とアナベナ(fig.02)とオシラトリア(fig.03)が同時に確認され、増殖に十分な高水温期であるにもかかわらず、重大な影響が見られない原因は明確ではありませんが、今夏の記録的高気温無風による栄養の不足とも推定されます。
今後、風雨波浪により、底泥中に蓄積された栄養塩(N・P)が舞い上がり、水中に拡散すれば、藍藻は急速に大繁殖が可能です(オシラトリアは、低水温域でミクロキスティスやアナベナを押しのけ、繁殖する点に留意)。
2006年春に放流されたソウギョによる水生植物の減少は、栄養塩の舞い上がり拡散を防止せず、むしろ拡散に加担する作用で働くことも気がかりです。

釣り人は、入れ代わり立ち代わり、雄蛇ケ池を見つめ(赤く、黄色く、緑や、白にもなる)水の華を発見し、原因たるプランクトンを調査し、雄蛇ケ池フリーク共通の情報プラットホーム『雄蛇ケ池BFG掲示板』や、行政に報告することができます。
釣れた釣れないだけでなく、グローバルな視点で雄蛇ケ池の動向をワッチしましょう。

採取:2007年08月12日(日)08:00 天候○ 気温(推定):29.0℃ 水位:1.0m減水 水の透明度:やや不良
発表:2007年08月15日(水) 追記:2007年08月19日(日)

※その他のプランクトンについては
雄蛇ヶ池(余水吐前)の動物プランクトン をご覧ください。